FC2ブログ
愛犬ミントの成長と生活や、日常の思うことなどをつづっていきたいと思います。

私が ブログを 始めるきっかけになったのは ミントの門脈シャントです。


この病気を調べるため、ネットを色々見ました。  で、 同じ病気で悩んでいる人が  苦しんでいるワンちゃんが  たくさんいて、その中で、


”不真面目に母。。。マジメに女。。” のみくさんと知り合いました。  


 メールを送るとすぐに返事をくれました。  (実はもう一人メール送ったんですが、ダメでした)


ウララちゃんとは別の病院だったから、診察の方法とか、色々違ってはいたけど、とても参考に


なったし、励まされたりして、みくさんには感謝しています。


そこから、色んな人のブログを見て、やってみたいなぁと思ったわけです。


 


ミントの門脈シャントに戻ります。


今まで、隠すつもりはなかったのですが、私の在住地は お茶とみかんの静岡市です。


紹介された病院は東京。。。  実は主人の出身地は東京ですので、特に東京がどうこう


ではなかったのですが、何回か通院することを考えたらもう少し近くはないか・・・と。


静岡の先生が、大学病院の先生と知り合いだと言う事で、すぐに予約をとってくださって、


11・1  最初の診察にいきました。  車で東名高速でいったのですが、最悪なことに


     途中でトラック数台が絡む追突!おまけに積荷のピアノが壊れ道路に散乱と


     いう事故渋滞に巻き込まれ、AM5:30に出発したのにもかかわらず、予約の


     10:00に間に合わず、11:00頃になってしまいました。100


     その日の検査で、今は血小板が少なく、血液が固まりにくいので、薬で体質改善を


     しないと手術ができないと言われ、シロップ、顆粒、錠剤 の3種の薬を出され、


     11・28に手術の予約をとって帰りました。


      


         でも、ミントは不思議な子でした。 病気がわかり、食事を療養食の


         ”肝臓サポート” に変えてから今までの小食がウソのように「そう!


         私が欲しかったのはこのゴハンよ」 と言わんばかりに 良く食べ、


         薬も缶詰食と混ぜましたが、ほとんど嫌がらずに飲んでくれました。


 


11・27  手術の前日、入院のために 再び上京。231 置いてくる時は、胸がつまりましたが


11・28  輸血もすることなく、無事に手術も終了!22 バンザーーイ


      実は、静岡の先生が、ミントの手術に立ち会って下さったのです。


       すごく心強かったです。


12・2   退院   (えーーー入院期間は術後たったの 3日405 !?)


       退院検査でも、順調な回復の様子。。傷口も気にしない子 という事で


       カラーも なし でした。


      


 


  無事  退院  したところで、 この続きは、また次に・・・・ おやすみなさい


             


 


 

スポンサーサイト




【2007/01/12 00:54】 | きっかけ
トラックバック(0) |


kuro
ワンコはいろんなことを難しく考えたりしませんから
今の自分に必要なものがわかるのでしょうね。
”肝臓サポート” はミントちゃんにぴったり合っていたんでしょう。

スパッと切って上手に縫い合わせる事ができると
犬は違和感が無く傷口を舐めることもしないのだそうです。
我が家はアイラとディアが手術を経験してますがカラーをしたことはないんですよ。
ただ入院中は点滴の針を噛んで取ってしまうという理由でカラーしてましたけど。

静岡か~気候が良い所、のイメージがあります。
お茶の見たくなっちゃったわ~。
私は北海道です、今は雪一色の白い世界に住んでます。


不真面目母
いつも診てくれてる先生が立ち会ってくれたんですね~
心強いですよね
ウララも普通のご飯の時はゲーゲー吐いてたのに
肝臓用にしてから、スッカリ元気になったんですよ~
肝臓に負担がかからないということなんでしょうね~

事故とは聞いていましたが
そんなに大事故だったのですね
ピアノが散乱か~
大変そう
246も混んでるだろうしね。。。



ミンママ
kuroさん

へ~~! スパッと切って上手に縫い合わせると  違和感ないんですかぁ。。
じゃあ 執刀してくれた先生にも 改めて、ありがとう!ですね。

静岡、温暖でいいところですよ。市内で雪はほとんど降らないから、ちょっと風花が舞っただけで、大騒ぎです。  
その温暖な気候のために、ポワッとしたバカが多いと口悪く言われたこともありましたが・・・



みくさん

そう、すごいでしょ。 たぶん、先生の勉強のためもあったと思うんですけどね。

事故渋滞も、その時だけで、入退院のときは順調でした。
車移動は、何があるかわからないのが困りますよね。
誰も、事故ろうと思って運転してはいないと思うので、事故した人には
気の毒だと思う反面、その渋滞に巻き込まれたと思うと、ムカつきます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ワンコはいろんなことを難しく考えたりしませんから
今の自分に必要なものがわかるのでしょうね。
”肝臓サポート” はミントちゃんにぴったり合っていたんでしょう。

スパッと切って上手に縫い合わせる事ができると
犬は違和感が無く傷口を舐めることもしないのだそうです。
我が家はアイラとディアが手術を経験してますがカラーをしたことはないんですよ。
ただ入院中は点滴の針を噛んで取ってしまうという理由でカラーしてましたけど。

静岡か~気候が良い所、のイメージがあります。
お茶の見たくなっちゃったわ~。
私は北海道です、今は雪一色の白い世界に住んでます。
2007/01/12(Fri) 02:15 | URL  | kuro #-[ 編集]
いつも診てくれてる先生が立ち会ってくれたんですね~
心強いですよね
ウララも普通のご飯の時はゲーゲー吐いてたのに
肝臓用にしてから、スッカリ元気になったんですよ~
肝臓に負担がかからないということなんでしょうね~

事故とは聞いていましたが
そんなに大事故だったのですね
ピアノが散乱か~
大変そう
246も混んでるだろうしね。。。
2007/01/12(Fri) 23:11 | URL  | 不真面目母 #-[ 編集]
kuroさん

へ~~! スパッと切って上手に縫い合わせると  違和感ないんですかぁ。。
じゃあ 執刀してくれた先生にも 改めて、ありがとう!ですね。

静岡、温暖でいいところですよ。市内で雪はほとんど降らないから、ちょっと風花が舞っただけで、大騒ぎです。  
その温暖な気候のために、ポワッとしたバカが多いと口悪く言われたこともありましたが・・・



みくさん

そう、すごいでしょ。 たぶん、先生の勉強のためもあったと思うんですけどね。

事故渋滞も、その時だけで、入退院のときは順調でした。
車移動は、何があるかわからないのが困りますよね。
誰も、事故ろうと思って運転してはいないと思うので、事故した人には
気の毒だと思う反面、その渋滞に巻き込まれたと思うと、ムカつきます。
2007/01/13(Sat) 14:53 | URL  | ミンママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック